目の形を変える方法

医者

手術方法やメリットについて

二重になりたいと希望する人はたくさんいます。特に女性は、ぱっちりした二重は可愛らしさの象徴であると考える人も多いため、整形手術を受ける割合も高い傾向にあります。二重の整形手術には様々な方法がありますが、中でも人気なのが埋没法です。埋没法はメスを使わない手術で、メスの代わりに特殊な細い糸を使用します。その名の通り、糸を使って余分なまぶたを皮膚に埋没させることで、ラインを作り出します。埋没法のメリットは、一度手術を行って気に入らなった場合でも、糸を外せばすぐに戻せるということです。整形に少しためらいがある、という人も、これなら安心して手術を受けることが出来ます。また費用の安さもメリットの一つです。埋没法に掛かる費用は、平均して10〜15万円程度です。糸が取れない限りは、効果は半永久的に持続するので、今後使用する予定の二重テープ代やメイク代などを考えるとお得であることが分かります。さらに、メスを使わないため、術後麻酔が切れたときも、痛みをあまり感じません。腫れが引くスピードも速いので、仕事を休んでいた場合もすぐに再開させることが可能です。また、クリニックによっては保障期間内に糸が取れてしまった場合、無料で再手術してくれるところもあるので、トラブル時も費用がかかることはありません。他にも、二重の整形には切開法や部分切開法など、メスを使った手術もあります。その場合は、費用は20〜25万円程度かかるのが一般的です。全ての方法に異なるメリットがあるので、担当医とよく相談して決めると良いでしょう。

二重の整形手術を受けるに当たっての注意点は、ダウンタイムを出来るだけ安静に過ごすということです。ダウンタイムとは、手術直後から約3〜6日間程度の期間を指し、医師に言われたことをしっかり守り患部の痛みや腫れをひかせるための大切な時期です。ダウンタイムに、目を強くこすったり、禁止されているコンタクトやメイクをしたりしてしまうと、ゴミやほこりが手術部位に付着し、感染症を引き起こしてしまう危険性があります。感染症になると、せっかく手術した二重部分も崩れてしまいますし、さらに熱が出たりなど体にもトラブルが起きる可能性があります。そのようなことを避けるためにも医師に指示された期間は、メイク、洗顔、コンタクトの使用は絶対に避けるようにしましょう。また、万が一強くこすったりして痛みが出た場合は、熱を持ってしまった場合などはすぐに医師に相談しましょう。抗生剤などを処方してくれる場合があります。また、そのようなトラブル時に費用が発生するかどうかも、手術を受ける前のカウンセリングにて聞いてみるのがおすすめです。保障期間内であれば、術後のトラブルは費用がかからず無償で行ってくれるケースも多くあります。美しい理想の目を保つために、ダウンタイムはしっかりと安静に過ごしましょう。また、整形手術を受けるクリニックも慎重に選ぶようにしましょう。なるべく実績が多く、症例写真などがホームページに載っていて、費用も高すぎず安すぎないところを選ぶのがコツです。ホームページや口コミサイトなどを入念にチェックして探しましょう。

Copyright© 2019 理想の目を作るためには美容クリニックへ行こう All Rights Reserved.